サイト検索

サニーストローク:症状と治療、責任と措置

太陽光ストライキ時の温度
最善の治療は予防です。日の出が意味されるならば、古くなった、ぎこちない言い回しはこれまで以上に役立ちます。それの症状や治療法は、この記事で議論するものです。

私たちの体は素晴らしいと感じる環境は、それ自身の温度よりも10〜12度低い。残りはすべて私たちに不快感を与えます。そして、強力な低体温と過熱として。どちらも悲惨ではなく、場合によっては致命的でもあります。

生物の過熱は一般的な衰弱につながり、不均衡あなたが時間通りに多くの手技を行った場合、結果は最小限になります。他のケースでは、長くて不愉快な回復プロセスを経なければならないでしょう。さらに、直射日光に長期間さらされると、中枢神経系が敗北し、日光が誘発される可能性があります。症状や治療法は多くの点で慢性的な過熱と似ていますが、この場合は専門家の助けを借りることはできません。あなたができる唯一のことは応急処置を提供することです:

- 犠牲者を涼しい場所に移しなさい;

- ストラップ、襟、および身体を一緒に引っ張る残りの部分をすべて外します。

- 豊富な飲み物を提供する。

- 頭部、腋窩および鼠径部の襞に冷たい圧迫を加える。

日焼けの症状と治療

代謝の変化の結果として、欠損症組織中の酸素、身体からの微量元素の後続の神経系への過剰な排泄が苦しむ。それは「日射病」と呼ばれています。症状と治療は誰にでも知られていなければなりませんが、最も重要なのは簡単なことです。

誰もが自分の時間制限を知っている必要があります太陽の下にいてください。誰かが熱中症になるのに20分かかるでしょう。しかし、太陽の中で1時間以上偉大な気分になる人がいます。過熱の予兆:

- 高齢者および子供;

- アルコールまたは麻薬中毒の影響下で;

- 炎天下で長時間滞在する必要が道路サービスや他の組織の従業員。

- 肥満、心臓血管疾患、糖尿病に苦しんでいる。

サニーストローク。症状と治療

重症度

1

2

3

症状

急速な脈拍、拡張された瞳孔、一般的な衰弱、頭痛。

鼻血、失神、温度40度、頻脈、散瞳、脱力、頭痛。

せん妄、温度41-42度、乾燥し淡い青色の皮膚、幻覚、不随意排尿。

治療

犠牲者を涼しい場所に移し、頭を冷やし、腕と脚を折りたたむ。豊富な飲み物を提供する。

緊急に救急車に電話してください!犠牲者を涼しい場所に移動させ、頭を冷やして、腕と脚の領域に折りたたむ。豊富な飲み物を提供する。

緊急の医療チームを呼び出す!電話では、救急車の到着前に医師のアドバイスを受ける必要があります。

ケアのスピードは被害者の生活に依存することを覚えておいてください。致命的な結果は、統計によると、症例の12%に発生します。

子供の日焼け止め治療

子供の晴れた脳卒中。治療と症状

若い世代との関係では、子供は時間の経過とともに危険な線を理解することができず、何が起きても激しい太陽の下にいますので、はるかに注意してください。私たちは、幼児期から、責任感と行動の感覚を込めて、高い気温で行動の基本的なルールを教えなければなりません。サンストロークで、子供は何が起こっているのか、いつ助けを求める必要があるのか​​を理解する必要があります。

  • 評価:



  • コメントを追加