サイト検索

Alexandra Rachelle:伝記と変容の歴史

アレクサンドラ・ラッセルの伝​​記

アレクサンドラレイチェル - それを軽く置く人物、普通ではない。適切な教育が不十分であったにもかかわらず、彼女は美容整形手術の世界に入り、普通の女性だけでなく星々も興味深い見解を描きました。彼女はセンセーショナルな発言をするのを恐れず、他人の秘密を躊躇せずに明らかにする。そしてアレクサンドラは、彼女が若くて強く感じていることを彼女の47で自白しています!

子供時代のエコー

伝記がカバーされているAlexandra Rachelle1966年11月5日にインテリジェントな家族の中で生まれました。私の母は弁護士、私の父は教授でした。蠍座では、彼女はこの世で達成したいと思っていた幼い頃から知っていた。すでに学校では、アレクサンドラは「ビジネス」に夢中になりました。彼女は朝食後に救われたお金のために物を買ってから、より高い価格で売っていました。アレクサンドラ自身によると、10歳まで親はしばしば娘の暖かい言葉を聞いたので、彼女は本当の天使だった。すでに出生時にアレクサンダーの魅力が怒られていないことは明らかでした。
すべてが一瞬で変わった。 11年後、アレクサンドラの美しさは消え始め、18歳になると完全に姿を消した。当時、その少女は体重が85キロで、重度のうつ病につながっていました。ラッセル自身が認めているように、18歳で彼女は豚のように見えました。目の尖った目、馬鹿げた鼻、瞼のぼやけ、狭い唇。アレクサンドラの目を重く怒らせるような機能でした。

変更の難しい時期

アレクサンドララシェル

本当の不安レイチェルは23年を感じました。 この年齢で、彼女の友人のすべては、すでに立派な紳士のリストを取得するために管理している、とレイチェルは非常に孤独なまま一部であっても、結婚しています。彼女の側では、さらに、自分の嫌に自信を浸透さどんな男を探していませんでした。驚くことではないが、すぐにアレキサンダーは劣等感を追求し始めた。彼女は常に泣いて、非常に神経質になった、と涙が選択の余地とき - 攻撃する時間がなかったです。加えて、アレキサンダーは完全に不必要で忘れられた友人を失った。状況からの脱出は意外にも見つかりました - 整形手術!最初の操作は失敗しました。その伝記多くの女性に関心の今日で醜いアヒルの子レイチェルアレクサンドラ、から、それはさらに醜い生き物へと進化してきました。副作用は彼女の側で惜しまれていない、と彼女はすぐに地元の専門家を信頼する決定を後悔しました。

手術前のアレクサンダーラッセル

海外への出発

手術前のアレクサンドラ・ラッセル以来、理想的な姿を自慢し、その後、鏡に近づくことを完全に禁じていた彼女は、外出するための道のりを見た。まもなく物事が集められ、チケットが購入され、飛行機はレイチェルを明るい未来に連れて行くことを約束しました。外国の土地に遭遇したアレキサンダーは、まず仕事を見つけ、新しい手術介入のためにお金を節約し始めました。必要量が溜まると、彼女は再びナイフの下に落ちた。今回はすべてうまくいっていて、しばらくしてレイチェルはついに魅力的だと感じました。数年後、以前の出現は痕跡を残さなかった(この瞬間にはさらにいくつかの操作が行われた)。レイチェルは大胆に新しい人生を歩みました。そして、すべての人が理解できるように - あなたはマスターだけに自分の姿を信じることができます!

現代生活

今日のアレクサンドラレイチェルは、彼の魂が若い時に目覚めたのは、成功した女性、幸せな妻と魅力的な娘モデルの母です。彼女は、美容整形の大都市の診療所にもかかわらず、女性が美しくなり、自分自身が信用できる人を助けることを支援するという膨大な数のメトロポリタンクリニックにもかかわらず、公に宣言しています。熟練したマスターだけが、知識と恋をして仕事をしているだけで、美しい生き物の姿に取り組む必要があります。そうでなければ、すべてが悲劇的に変わることがあります。

アレクサンドラ・レイチェル、伝記男性と女性の両方に興味を持ち、主な事業で占められています - 整形外科の診療所の開発で、彼女は結婚代理店を作る時間を見つけました。アレクサンダー自身は、怠惰に嫌うことによってこれを説明します。彼女が診療所で仕事を見つけることができないとき、彼女は趣味を探しに行く。彼女の代理店レイチェルのおかげで、人生のパートナーが見つかりました。それは彼女の年でした。後者との結婚式の前に、伝記が非常に面白いプラスチック製の外科医Alexandra Rachelleは、若い男たちの会社で回転しましたが、もうこれ以上続けることができないとすぐに気付きました。選ばれたレイチェルになった賢い男との親交は、彼女が新しい人生へ足を踏み入れることを許した。

アレクサンダーラッセルの外科医

プラスチックについて

伝記が証明されたAlexandra Rachelは、女性は単に自分自身を信じなければならない、と言う - プラスチックはどんな状況も救うことができる。彼女は、自然によって作られた間違いや年齢とともに来た欠点を修正するために、できるだけ早く女性に助言します。形成外科の分野の専門家は、レイチェルが知っている:より多くのあなたは、変換の瞬間を延期、より多くの痛みを伴う変換が行われます。そして、そのような女性の言葉に、本当に、それは聞く価値がある!

  • 評価:



  • コメントを追加