サイト検索

民法における義務の本質

民法の特異性は、法律関係のこの飛行機に入ると、役者は早急に一定の義務を引き受ける。民法では、その種類のいくつかが区別されており、その詳細な考察はこの記事で提示される。だから、義務は何ですか?

民法における義務の性質と種類

義務の最も単純な定義は、それを実行する義務 - それは最初の当事者が権利をされている特定の法的関係、および第二です。しかし、このコンセプトはあまりにも単純です。より完全には、その兆候の助けを借りて民法における義務の本質を判断することができます。

この関係の第1の特徴は、プロパティ特性。それは主題が排他的に財産権(所持、処分、使用または共生)であるという事実にある。彼らは動的な状態(ある人から別の人へ)と静的な状態(正しいものを固定)で留まることができます。

義務の第2の特徴は、その実施のためには、執行当事者による一定の行為の実施が必要であることである。これは仕事のパフォーマンス、借金の支払いなどになります。

第3の特徴は、相対性義務。その事実は、人々が明確に定義されたと漠然と句を指定することはできません所有権、からそれを区別することを、必要な法的関係が常に特定の個人に向けられていると考えられている「第三者を。」法的関係債務の当事者が個別とグループ構成の両方に作用することができるということを忘れてはなりません。この場合、複数の人物が両側一つとして利用可能です。

義務の発生の理由は多様であり、それに応じて、特別な種類を区別する:

1.契約 - 民法契約に基づく。

2。 契約外 - これらには、危害の発生の原因となったものも含まれます。それらは、民法における不法行為義務と同じ方法で定義されています。法律は、原則として、その出現理由を明確に規定しています。

民法における契約上の義務

より大きな義務のグループです。 このような状況は、民法が多数の条約を締結し、その結果として生じた権利と義務が確立されているという事実に関連している。すべての契約上の義務は、物事に対する権利の移転とサービスの提供という2つの大きなカテゴリーに分けられます。しかし、他のタイプの法科学は区別されます:

•当事者に割り当てられた権利と義務の数に応じて、単純で複雑なもの。

•一方的および双方向 - 第1の場合、当事者は権利または義務のみを有し、第2の場合、当事者は権利および義務を有する。

•受動的な多重度(複数の債務者)または積極的(複数の債権者)の債務。その他。

契約上の義務は多面的であり、新しいタイプの契約の出現に伴い、それらは変容し、拡大される。

民法における非契約上の義務

第1のタイプとは異なり、このタイプの義務は、厳密に定義されたデリック(犯罪)に基づいています。したがって、彼らの名前は "民法における不法行為"である。

この期間および法的原則のために、この法律は、そのような義務が発生する2つの理由を特定しています。

1.不合理な濃縮。

2.害を引き起こす。

契約上の義務の場合国家機関による確認が必要ない場合、民事法における非契約上の義務は、犯罪の事実が厳格に定められた管轄当局によって認められた場合にのみ発生する。この種の義務は、法的関係において人を変えることが不可能であることを意味する。それは密接に当事者の人格に関連しています。この規定は、不法行為義務を契約上の義務と区別している。

提示された特性を研究した結果、 民法における義務2つの当事者が常に参加する特別な法的関係(債務者と債権者)であり、法律で定められた状況のために常に生じる

  • 評価:



  • コメントを追加