サイト検索

労働基準に基づく技術休憩とは何ですか?

ほとんどの市民は技術的権利を持っている操作中に壊れます。しかし、誰もがそのような休暇について法律が何を言っているのかを知っているわけではありません。この記事では、その技術的なポーズ労働法を規制学びます。

テクニカルブレーク:一般的な特性

仕事中の小さな休息法律で市民。生産技術に応じて、休憩時間や休憩時間を選択できます。それが技術的な休憩が常に雇用主によって設定される理由です。しかし、残りの時間はロシア連邦労働基準の規範に準拠しなければならないことを覚えておく必要があります。さもなければ、雇用主はその結果について責任を負うことがあります。

働く人は、別の仕事をすることができます複雑さと持続時間のタイプ。仕事の種類に応じて休憩が設定されます。法律は、職場におけるレクリエーションの主要な種類のいくつかを規制している。これらには、

  • 有害物質が蓄積する可能性がある施設の換気を中断する。
  • 敷地を清掃するための休憩。
  • 情報基盤の更新などを行う。

価値がある重要な点注記 - 作業日の中に休憩を入れることです。雇用主は法律に違反し、休暇の法的な時間を労働時間として追加的に考慮します。

主な休憩の種類

ロシアの労働法典は、技術的な区切りをいくつかの基本的なタイプに分類しています。だから、それは次の主要なグループを強調する価値がある:

  • 特別および一般的な休憩;
  • 推奨され、必須です。
  • 含まれ、労働者報酬には含まれない。
    テクニカルブレーク

労働法は、一般的な休憩を個人的な必要性のための休息の分(時間)。これは、原則として、昼食、一部の企業、睡眠のために休憩します。特別な技術休憩は、特定の作業活動の種類に応じて設定されます(たとえば、冶金学者は作業場を換気する時間が必要です)。強制休憩は雇用主によって設定され、避けることはできません。休息の推奨時間は合意されるべきです。

包括的であるか、労働の中断の支払いに含まれていないと、すべてが明確です。ほぼすべての民間企業に中断を含める必要があることは注目に値する。

コンピュータで作業する

オフィスワーカーの大幅な増加法律に反映されています。したがって、すべての雇用者が、コンピュータを使用する労働者の技術的休憩の期間およびタイプを正しく決定できるわけではありません。

職場での技術的休憩

しかし、2003年からSanPinの地位を強調する価値はあるコンピュータ機器での労働活動の組織化の順序がはっきりしている。したがって、提示された文書のポイントの1つは、50〜140分の間隔の必要性を規定しています。この場合、従業員は2時間以上連続してコンピュータに座ることはできません。

なぜ私たちはそのような技術的な休憩が必要なのですか?仕事?まず市民の健康のために。最も現代的で安全な技術でさえ、目にかなりの圧力をかけ、疲労、緊張および過敏性を引き起こす。

レクリエーションと食べ物

テクニカルブレイクが予想される労働者の個人的ニーズの満足。原則として、これは夕食です。労働法では、昼休み時間は少なくとも30分で、2時間以下でなければならないと規定しています。この場合、特定の時間は内部労働スケジュールによってのみ設定されます。

労働者コードに従った技術的な休憩

それにもかかわらず、いくつかの明確な昼休みの提供は不可能です。この場合、経営者は労働時間中に食べる時間を労働者に与えるべきである。また、昼休みや昼休みの有無に気づく価値があります。未払いの人々は、食料だけでなく、個人的なニーズにも使用できます。有料の時計では、すべてが少し異なります。例として、子供と一緒に食事するだけの義務のある教師を挙げることができます(実際には、勤務時間中:並列の教師が学生を支配します)。

個人的ニーズ

既に上述したように、一般的な休憩あらゆる種類の個人的なニーズに対応する時間。これは通常、昼食時、公衆トイレの訪問、煙の吹き消し、心理的な荷降ろしなどです。このような中断は疲労を軽減するために必要である。ご存じのように、疲れは労働者に非常に悪影響を及ぼします。パフォーマンスが大幅に低下し、多くの従業員が過敏になり、集団主義が崩壊します。

テクニカルブレーク15分

個人的なニーズのための休憩は通常は10分または20分です。ただし、その期間は労働条件に基づいてのみ異なります。従業員がリラックスしてリラックスすることができる特別な施設の一部の企業にも存在感があることは注目に値する。例えば、日本では、多くの企業の指導者が、人のパフォーマンスに対する睡眠の有益な影響に自信を持っています。だからこそ、日本人労働者の一部は、就寝時に技術的な休憩をとっています。

特別休暇

時間の詳細残りの一般的なタイプ。特殊な休憩は何ですか?ご存知のように、今度は作業プロセスの更新について:ワークショップの換気、地域の清掃、データベースの変更など当然、特別な技術的(または技術的)な休憩はどこにも確立されていません。これは、人々のためではなく、設備のためにレクリエーションが必要な企業によってのみ必要とされます。現時点で従業員は何ができますか?技術的な休憩が支払われるので、労働者は通常、スナック、煙、店に行くなど、法律で禁じられていないすべてのことをすることができます。

技術的な理由から休憩

この場合、しばしば安静が必要です。 これらは、タバコ、冶金、デンプン、その他の有害な生産など、労働条件が悪い企業です。

そのような技術的な休憩にはどのくらいの時間が与えられていますか?最小限15分、最大1時間です。

温度条件

異常な温度条件は、エッセンス、特別な休憩の亜種の一つ。したがって、多くの企業の労働者は、仕事の条件があまりにも暑い場合や、逆に冷たすぎる場合には、単にエネルギーを失うことがあります。もちろん、そのような従業員は質の高い休息を必要とします。これは、ノルウェー連邦労働法第109条によっても証明されており、ノルマに対応しない温度条件を扱っている。

 技術的または技術的な中断

最適な残りの長さを設定する専門家のグループ。雇用主は、残りの必要なすべての情報に注意を払う義務があります。その後、労働者が力を回復できる特別な場所や施設を開発し始めます。従業員が暖かいか、逆に熱から逃げるのを助ける特別な設備の利用可能性について言及する必要があります。

不均一な負荷

しばしば、多くの従業員の仕事特定の部分に分けることができ、負荷の程度は同じではありません。もちろん、この種の作業活動は、技術的な休憩の一定期間を意味します。この場合、法律は何を言いますか?

生産における技術的休憩

ワークフローが複数の部分に分割されている場合は、関連する休憩は、作業段階の間に確立されるべきである。同時に、各休憩は少なくとも10分、最大2時間でなければなりません。勤務時間は臨時就業日を超えてはならない。これらの休憩は賃金とはみなされないため、営業時間内に入場しないことにも注意してください。

実際の作業日は崩れることがありますがそれにもかかわらず、規範への適合の原則は依然として非常に重要です。例えば、シャトルバスの運転手の仕事量は2つの部分に分けられるべきである。この場合、各部品は4時間を超えてはいけません。労働法の下で技術的な休憩 2時間に設定されています(技術的な理由から、ランチと休憩は含まれていません)。

休憩時間

休憩の長さにはすでに言及されている十分な。したがって、余りにも短く、準拠していない休憩は、雇用者に責任を課すことにつながります。しかし、他にも問題があります。そのうちの1つは長時間の休憩です。

長期間の休憩はしばしばさらに悪化し、短すぎるよりも不便です。結局のところ、それは大幅に作業プロセスを遅らせ、従業員と雇用者の両方の状況を悪化させます。同時に、2つの状況が際立ちます。第1は、従業員自身による休憩の遅延です。そのような嫌悪感は、それぞれ、一定の制裁を従業員に課すことを伴う一時的な遅延とみなすことができる。第2の状況は、基準を満たさないスケジュールです。雇用主は長時間の休憩を設定するため、ワークフローの効率が低下します。この場合、リーダーシップと直接対話するか、裁判所を通じて判決を下すか(休憩基準間に明らかな相違がある)の2つの解決策があります。

  • 評価:



  • コメントを追加