サイト検索

原子構造:中性子とは何ですか?

中性子とは何ですか?その構造、特性、機能は何ですか?中性子は、原子を構成する粒子の中で最大のもので、すべての物質の構成要素です。

中性子とは

原子構造

中性子は中心部にあります - 密な地域陽子で満たされた原子(正に荷電した粒子)。これら二つの要素は核と呼ばれる力によって一緒に保持されています。中性子は中性の電荷を持っています。陽子の正電荷を電子の負電荷と比較して中性原子を作ります。核内の中性子は原子の電荷に影響を与えないという事実にもかかわらず、それらは依然として放射能のレベルを含む原子に影響を与える多くの特性を持っています。

核内の中性子

中性子、同位体および放射能

原子の核にある粒子は中性子ですプロトン0.2%増。一緒にそれらは原子の総質量の99.99%を占めています。同じ元素の原子は異なる数の中性子を持つことができます。科学者が原子量に言及するとき、彼らは平均原子量を意味します。例えば、炭素は通常6個の中性子と6個の陽子を持ち、12個の原子量を持つが、時には13個の原子量と出会う(6個の陽子と7個の中性子)。原子番号14の炭素も存在しますが、まれです。つまり、炭素の原子量は平均12,011です。

原子の中性子量が異なると、それらは同位体と呼ばれます。科学者たちはこれらの粒子を核に加えて大きな同位体を作る方法を見つけました。中性子を添加しても原子の電荷には影響しません。電荷がないためです。しかしながら、それらは原子の放射能を増加させる。これは、高レベルのエネルギーを放出する可能性がある非常に不安定な原子につながる可能性があります。

原子中性子

コアは何ですか?

化学では、核は正に帯電しています陽子と中性子からなる原子の中心。 「コア」という言葉はラテン語の中核に由来します。ラテン語の中核は「ナッツ」または「コア」を意味する言葉の形式です。この用語は、原子の中心を表すために1844年にMichael Faradayによって造られました。核の研究、その組成や特性の研究に関わる科学は、核物理学と核化学と呼ばれています。

陽子と中性子は核によって強く保たれている力で。電子は原子核に引き寄せられますが、非常に速く移動するため、原子の中心から一定の距離で回転します。プラス記号の付いた核電荷は陽子から来ています。中性子とは何ですか?これは電荷を持たない粒子です。陽子と中性子は電子よりもはるかに大きい質量を持つため、原子のほぼ全重量が核に含まれています。原子核内のプロトンの数は、特定の元素の原子としての同一性を決定します。中性子の数は、どの元素の同位体が原子であるかを意味します。

中性子電子

原子サイズ

核は原子の全直径よりはるかに小さいです。電子は中心から離れている可能性があります。水素原子はその核の145,000倍であり、ウラン原子はその中心の23,000倍です。水素原子核は、単一のプロトンからなるため、最も小さくなります。

中性子とは

核内の陽子と中性子の位置

陽子と中性子は通常次のように表されます。一緒に密封され、球の上に均等に分配されます。ただし、これは実際の構造の単純化です。各核子(陽子または中性子)は一定レベルのエネルギーとある範囲の位置を占めることができます。コアは球形でもよいが、梨形、球形、または円板形でもよい。

中性子とは

陽子と中性子の核はクォークと呼ばれる最小の素粒子からなるバリオン。引力は非常に短い範囲なので、陽子と中性子は束縛されるために互いに非常に接近していなければなりません。この強い引力は荷電陽子の自然な反発を克服します。

中性子とは

陽子、中性子および電子

このような科学の発展への強力な推進力核物理学は、中性子の発見だった(1932)。ラザフォードの学生だったイギリスの物理学者D.チャドウィックはこれに感謝しています。中性子とは何ですか?これは不安定な粒子で、わずか15分で自由状態になり、陽子、電子、ニュートリノ、いわゆる零質量中性粒子に崩壊することができます。

中性子とは

粒子は、という事実のためにその名前が付けられました。それは電荷を持たず、中性です。中性子は非常に高密度です。孤立状態では、1つの中性子の質量はわずか1.67×10です。-27そして、あなたが小さじ1杯の中性子を詰め込んだ場合、結果として得られる物質は数百万トンの重さになります。

元素の核内の陽子の数はと呼ばれます原子番号この番号は各要素にそれ自身のユニークなアイデンティティを与えます。炭素などのいくつかの元素の原子では、核内の陽子の数は常に同じですが、中性子の数は異なる場合があります。原子核内に一定数の中性子を持つ与えられた元素の原子は同位体と呼ばれます。

中性子とは

単一中性子は危険ですか?

中性子とは何ですか? これは陽子とともに、原子の核の一部である粒子です。しかし、時にはそれらが単独で存在することもあります。中性子が原子核の外側にあるとき、それらは潜在的に危険な性質を獲得する。彼らが高速で動くとき、彼らは致命的な放射線を作り出します。無生物の物理的構造への影響を最小限に抑えながら、人や動物を殺す能力で知られている、いわゆる中性子爆弾。

中性子は原子の非常に重要な部分です。 それらの速度と組み合わされたこれらの粒子の高密度はそれらに並外れた破壊力とエネルギーを与える。結果として、それらは衝突する原子の核を変化させ、さらには崩壊させることができます。中性子は純粋に中性の電荷を持っていますが、電荷に対して互いに打ち消し合う荷電成分から成ります。

原子の中の中性子は小さな粒子です。 陽子のように、それらは電子顕微鏡でさえ見ることができないほど小さいですが、それはそれが原子の振る舞いを説明する唯一の方法であるのでそこにあります。中性子は原子の安定性を確保するために非常に重要ですが、原子中心の外側では長期間存在することはできず、平均885秒(約15分)で崩壊します。

  • 評価:



  • コメントを追加