サイト検索

セル内のセル中心の関数

すべての生物の細胞は同じような構造それらはすべて原形質膜、その周囲の殻(動物のグリコカリックスまたは細胞壁:真菌の中 - キチンから、植物の中 - セルロースから)、細胞質(それはその機能を果たす細胞小器官を含み、細胞中心、 、(分裂に参加する)および核(DNAを保護する)(原核生物を除く)。

細胞オルガノイド

これらには、リボソーム、リソソーム、ミトコンドリア、ゴルジ体、小胞体および細胞中心。植物細胞はまたそれら自身に固有の特定の有機化合物 - 液胞 - も含む。不要な物質、色素体(色素体、白血球、葉緑体、それらに蓄積する、後者では光合成のプロセスがあります)。細胞中心、ミトコンドリア、リボソームおよび他の構造の機能は非常に重要です。ミトコンドリアはエネルギー生産のための一種のステーションの役割を果たし、それらは細胞内呼吸のプロセスです。リボソームはタンパク質の産生を担い、細胞が必要とする物質に関する情報を含むmRNAの存在下で個々のアミノ酸からそれらを合成します。リソソームの機能は、オルガノイド内に含まれている酵素の助けを借りて化合物を分解することです。ゴルジ複合体は特定の物質を蓄積して貯蔵します。小胞体も代謝に関与しています。

セルセンター - 構造と機能

細胞中心の構造と機能

このオルガノイドは中心体とも呼ばれます。 細胞中心の機能を過大評価することは困難です - このオルガノイドがなければ、細胞分裂は不可能でしょう。それは2つの部分から成ります。この細胞の中心はリボソームに似ており、その構造も2つの半分を含んでいます。中心体の一部は中心小体と呼ばれ、それらはそれぞれ微小管から形成された中空の円筒のように見えます。それらは互いに垂直に位置しています。細胞中心の機能は、減数分裂または有糸分裂の過程における分裂紡錘体の中心小体による形成にある。

細胞はどのように分裂していますか?

減数分裂と有糸分裂 - 主に2つの方法があります。 細胞中心の機能は両方の過程において明らかにされる。前者の場合も後者の場合も、分割はいくつかの段階で行われます。次の段階が区別されます:前期、中期、後期、終期。

セルセンター機能
減数分裂は通常2を意味する連続的な細胞分裂、それらの間の時間は間期と呼ばれます。このプロセスの結果として、一倍体(単一)を有するいくつかの細胞が二倍体染色体セット(二重)から形成される。有糸分裂の過程において、染色体の数は減少しません - 娘細胞も二倍体セットを持っています。分裂のような分裂の方法もあります。この場合、核、そして次に細胞質全体が単純に2つに分割されます。この種は最初の2つと同じくらい一般的であることからかけ離れています;それは主に最も単純なものの中で見つけられます。細胞中心はこの過程に関与していない。

分裂へのセルセンターの参加

前期はプロセスの準備を含む有糸分裂または減数分裂、その過程で核膜は破壊されます。中期の間に、細胞中心は2つの別々の中心小体に崩壊します。それらは、順番に、セルの反対の極に分岐します。この段階で、染色体は赤道に沿って並ぶ。それからそれらは分裂紡錘体の糸によって中心小体に結合され、各染色体の異なる染色分体が反対側の中心小体に結合される。分裂中期の間に、染色体のそれぞれは糸の後ろの中心小体が反対の極に引き付ける別々の染色分体に分けられます。

セルセンター機能
終期に、核膜の形成が起こり、細胞質が分割され、そして娘細胞が最終的に形成される。

  • 評価:



  • コメントを追加