サイト検索

リソソームの教育、品種、構造および機能

私たちは、私たちの記事をリソソームの構造と機能は何ですか?これらの構造の形成の特徴、その種類、構造的特徴、および他の多くの問題を含む様々な角度から、このトピックを詳細に検討する。

リソソームの構造と機能

何を構成するかを検討する前にリソソームの構造と機能、いくつかの詳細を明らかにする。私たちを取り囲むすべての生きている生物は、構造的な粒子、細胞から構成されています。それらは顕微鏡でしか見ることができません。しかし、細胞は、一般にオルガノイドと呼ばれる小さな部分からなる完全な系である。今日はそのうちの1つについて話します。

リソソーム:それは何ですか?

リソソーム構造および機能表

リソソームの構造と機能は何ですか? これらは小サイズの細胞小器官であるため、巨大な量をケージに入れることができます。一方、いくつかの藻類の細胞は1〜2個のリソソームしか含まず、そのサイズは通常よりもはるかに大きい(約0.2ミクロン)。したがって、すべてのリソソームは3つのグループに分けることができます:

  • 一次;
  • 二次;
  • 残留物。

我々が構造を見るとそしてリソソームの機能によって、これらの種がなぜ必要なのか、そして細胞活動の重要性が何であるかが、あなたには明らかになります。一次リソソームが二次的に移動することを明確にすることは重要であるが、逆のプロセスは不可能である。

リソソーム構造

リソソームとは何ですか?機能?この表は、オルガネラの中にあるものに対処するのに役立ちます。オルガノイドは、50種類以上の異なるタンパク質酵素を含む。リソソーム自体は、生物活性物質を細胞の内部環境から分離する薄い膜で覆われている。表では、最も重要な酵素を与え、その機能を説明します。

酵素

意味

エステラーゼ

エーテルアルコールの分解に必要。

ペプチド加水分解酵素

ペプチド結合を有する化合物の加水分解に必要である。このグループには、タンパク質、ペプチドおよびその他の物質が含まれます。

ヌクレアーゼ

この酵素群は、核酸のポリヌクレオチド鎖中のホスホジエステル結合の加水分解を促進する。これがモノヌクレオチドとオリゴヌクレオチドの形成方法です。

グリコシダーゼ

このグループの酵素は、炭水化物を分裂させる過程を提供する。

加水分解酵素

アミドの加水分解に役立ちます。

リソソーム形成

リソソームの構造と機能

そこで、我々はリソソームが何であるか、構造と構造この記事で簡単に説明している機能(簡潔に)オルガネラは、3つのグループ(1次、2次、および残りのボディー)に分かれているとすでに述べました。第1群はゴルジ体膜から形成され、この段階では小胞と容易に混同される。リソソームは、より複雑な構造およびサイズの細胞小器官を融合および形成することができる。

一次リソソームが任意の物質、それは細胞の消化のプロセスを開始します。酵素で化合物を切断することができるオルガノイドは、二次的なリソソームとして既に分類されている。物質の消化の結果、圧縮残留物が形成される(これはリソソームライフサイクルの第3段階である)。

オルガネラの機能

私たちはリソソームの種類、構造と機能(表)を考えました - これが私たちの次の質問です。私たちは最も視覚的で分かりやすい形式、つまり表を使用することに決めました。

機能

特性

細胞内消化

リソソームは大量の酵素を含み、加水分解によって任意の化合物を分解することができる。これが細胞内消化が起こる方法です。物質はリソソームの内部に入り、低分子化合物を形成するように処理され、細胞はそれを必要に応じて使用します。

オートファジー

このプロセスにより、不要な細胞オルガネラを取り除くことができます。オートファジーは、細胞オルガノイドを更新する方法です。

オートリシス

別の方法では、このプロセスは細胞自己破壊と呼ぶことができる。細胞のすべてのリソソームの膜が破壊されると、後者が死ぬ。

結論

構造と機能表のリソソーム機能

私たちはリソソームが何であるかを学びました。 この記事では、構造と機能(表)の特徴を示しました。結論として、これらの細胞小器官が分解すると、いくつかの疾患が起こる可能性があると言いたいと思います。例えば、医学は、リソソームの機能の侵害に特異的に関連する遺伝病として知られている。この病理群には、ムコ多糖症、スフィンゴリピドーシス、糖タンパク質症などが含まれる。

  • 評価:



  • コメントを追加