サイト検索

チャネルとその評価方法

マーケティングのチャネル自体がすでに本質を形作っているそのような用語。実際、それは、その製品の企業をマーケティング(販売)する仕組み、より正確にはその仕方を意味します。また、そのようなチャネルの有効性から、企業の収益性は大きく左右されます。

使用可能なチャンネルを確認する方法売り上げは最大の販売数量をもたらし、その間に質の高いサービスをバイヤーに提供することができます。流通チャネルの主な特徴の1つはスループットです。

しばしば販売チャネルが絶対に発生するランダムにこのような状況では、自発的な流通経路は、価格に対する生産者のコントロールがないという特徴がある。これは、そのような販売チャネルに多数の仲介業者が出現したためです。さらに、このシナリオでは、仲介者が働いているときに顧客サービスのサポートを追跡して、顧客基盤の数量と品質について、製造業者が流通チャネルを分析することはできません。このような状況は、しばしば、制御されていない販売プロセスの発生と、そのようなチャネルを通じたその後の販売計画の実施に不可欠です。

状況を変えてそうするために販売チャネルの総合的な見積もりの​​特定のスキームに従う、多くの企業は、流通チャネルが製造業者のすべての要件を満たすだろうということです。この方法の主な目的は、直観とインスピレーションではなく、ある方向の見通しに基づいて得られた情報に基づいて、メインの販売計画を策定することです。

この手法で最初に行われることは、可能なフィードの完全なリストを作りなさい。たとえば、卸売業者、店舗への商品の配送と配送を行う企業、第1店舗、第2店舗、および小売店を組み合わせた企業などがあります。この段階では、すべての可能なオプションを完全に分析する必要があります。多くの場合、船外には2〜3チャネルあり、かなりの利益をもたらすことがあります。

次に、評価基準について説明しましょう。 流通チャネルを評価するための最も一般的に使用される基準は、彼と一緒に作業するときに彼らの収益性、消費者の遵守、製造業者(私たちは、価格のコントロールやモノの移動について話している)、チャネルの競争のレベルによって制御チャネルであり、長期的には、このようなチャネルの見通し。

上記の各基準にはボールルームがあります。システムそしてこれを使って、このチャンネルが与えられた状況でどれほど成功するかを決めることができます。あなたの製品にどれほど忠実であるか、そしてこの協力があなたの会社とそのような販売チャネルに関わっているパートナーのためにどれほど有益で耐久性があるか。

ただし、ポイントのほかに、専門家はお勧めします基準ごとに特別な重み係数を考えます。この係数は、戦略的計画における会社の方向性と市場におけるその位置によって決まります。つまり、係数は、この特定の会社またはこの特定の製品グループに対する何らかの基準の重要度を表します。各基準が評価され、すべての点が合計された後、そのようなチャネルの品質と有効性を判断することが可能です。そして、得られた結果に基づいて、どの販売チャネルが優先され、どの販売チャネルが優先されないかを判断できます。この方法は、直接流通経路と間接流通経路の両方で機能します。ところで、あなたはそれらの違いが何であるかを理解するべきです。間接販売チャネルは、チェーンの生産者が消費者であり、重要ではない1つ以上の仲介者も存在する場合です。そして逆に、チェーンが短いプロデューサ、つまりコンシューマでもすべてである場合でも、そのようなチャネルはダイレクトと呼ばれます。どちらにも長所と短所があります。

  • 評価:



  • コメントを追加