サイト検索

テレビ広告ビール。特徴。

すべてのタイプの広告テレビ広告聴衆に最も大きな影響を与えるので、最近では、これが最も好んだ。テレビでの広告の特長は、視覚的なイメージだけでなく、音の使用も可能にし、知覚の明るさをさらに向上させるという事実によるものです。これは、テレビでの特定の種類の商品の宣伝が禁止されているか、厳しく制限されている理由を説明しています。例えば、アルコール飲料のテレビ広告は原則禁止されており、ビールの広告は実質的に時間と内容に関して制限されている。ビール広告の特徴はなんですか?

ビールを促進する動画は午後22時以降、現地時間午前7時までのみテレビに表示され、残りの時間は放送中ではありません。また、子供や青少年を対象としたテレビ番組、教育チャネル、また健康や環境問題に専念するチャネルであってはならない。それと同時に、このようなビデオでは、フレームの面積の7%以上を占め、少なくとも5秒間持続するビールの危険性に関する警告を表示する必要があります。

ビールの広告はそれほど制限されず、文脈当然のことながら、それは未成年者に向けられるべきではありません。また、それは渇きを消すことを要求するべきではなく、最近になって一般的であったように、一般的には幸福または気分の改善をビールの使用と関連づけるべきである。広告ビールは、ビールの使用を、公的な認知や個人的な成果とともに、キャリア、学習、スポーツにおける成功の達成と直接関連付けることはできません。また、ビールを宣伝する際には、その無害についての声明を使用することは禁じられており、さらに健康上の利益については、ビールを飲むことを嫌うという嫌悪もある。使用される画像には別の制限が適用されます。ビール広告の動物や人物の画像は禁止されています。

以前の広告ビール喉の渇きに対抗するための最良の手段として、この飲み物を配置し、コマーシャルで絶えずそれはもはや視聴者が近いとの直接の関連付けを行うことができますので、これらの制限の導入が大幅に、広告の発現に影響を与えない、アニメーションを含め、素晴らしく、キャラクターの行動の多くに近い会いましたローラーは、より抽象的になることに起因した画像やライフスタイル。しかし、テレビのビールの広告はありません以下、さらにより大量に存在しています。

どのような手段が使われているのか、ビールの広告に、より説得力でしたか?原理的には、方法は同じです。ターゲットオーディエンスの相性のイメージとしては、それはそれだけで可視化されていない、どこにでも行き、舞台裏ではなかったです。コマーシャル映画のヒーローの右の気分とのスタンスクリエイターが原因語彙の種類、イントネーション、環境、よく選ばれたサウンドトラックにしようと伝え、新しいビデオが古い表現で失われていないため、それは十分です。ほとんどの場合、思い出深いスローガンと一般的な気分だけが記憶に残っているので、これらの制限措置は効果がないと言えるでしょう。私はそれが国家レベルで指摘されてきた、そして今、一般的にはビールの広告の禁止を検討されている、と言わなければなりません。

  • 評価:



  • コメントを追加