サイト検索

"ガネーシャ" - インド文化のファンのための入れ墨

インド文化のファンは、もちろん、知っている善良な神格、商売人や商人、作家や芸術家、研究者や旅行者を愛用しています。それは賢明な目、短い牙、青い肌の象の頭を持ち、彼の名前はガネーシャです。この神の入れ墨は、ヒンズー教の信者の間だけでなく、東の歴史と文化のファンの間でも非常に人気があります。

ガネーシャの入れ墨

ガネーシャのイメージ

ほとんどのインドの神々のように、ガネーシャかなり強力な顔色をしています。彼はしばしば蓮の位置に座り、足は閉じた。ちなみに、彼の足と手は擬人化されていて、象の頭のような珍しい特質しか強調していません。

神の手はメヘンディの絵をしばしば飾るインドで人気があり、世界中で人気があります。伝統的なインドの衣服は、ガネーシャによくある特徴です。この文字を持つTatuは特別な色で区別されます。

意味

この入れ墨は宗教的なものです。ヒンドゥー教から遠く離れた人々でさえ、青い象のイメージは、古代の遠い国、古代の文化に関連しています。

ガネーシャタトゥーの価値

"Ganesha" - 意味がしっかりとつながっているタトゥー良いエネルギーで。知恵、自己制御、才能の開発と内的可能性 - これはイメージキャリアの善意を与えるものです。そして、ガネーシャは困難を克服し、正しい道を指示します。

アプリケーションの場所

"ガネーシャ" - 慣習的に適用されるタトゥー肩、前腕、肩甲骨、腰。場所の選択は、画像のサイズ、複雑さ、細部に依存します。細部が細かくなればなるほど、画像に必要なスペースが増えます。この入れ墨の大きさは、手に適用される最小のものから、全体の巨大なものまでさまざまです。

インディアンスタイルのタトゥーは特徴的です明るい色を使用します。 「ガネーシャ」 - 多くの場合、色で作られたタトゥー、ブルーで塗装神、オレンジ、黄、赤の色の彼の衣服。

あまり印象的ではない黒と白のスケッチは、シャドウとハイライトを扱う際のマスターの才能を明らかにすることができます。品質のタトゥーはかさばると活発に​​見えるでしょう。

スタイル

通常、エキスパートの指示の一つである独立した流れでインドのタトゥーを識別します。宗教的背景について忘れないでください。

今日ではガネーシャのイメージが広く、そのようなチカーノ、ゴミポルカリアリズムとして新しい学校のファン、水彩画のタトゥースタイルで使用されています。

  • 評価:



  • コメントを追加