サイト検索

動物を可能な限り表現力豊かに描く方法

鉛筆と紙で武装し、私たちは動物の世界を見てください。あなたの完全な無力感を感じるのはとても簡単です。何かを描写するには、動物の世界は多岐にわたり、その形はほとんど無尽蔵です。しかし、世界の芸術の動物性の経験は、動物を認識可能かつ表現力豊かに描く方法の問題に対して積極的な答えを与える。これは一貫して行う必要があります。そして、フォームを構築する一般的な解剖学的パターンを辿って理解することは非常に重要です。

動物を描く方法

動物を描く方法
何かを描くためには、それが続く徹底的に分析し、理解する。したがって、段階的に動物を描く方法の問題に対する普遍的な答えは、分析と合成という2つの単語から成っています。私たちがすべてを考え、描写されている性質を理解した後、それを紙の上に図式的に表現する必要があります。私たちが描くものは、必ず正しく構成され、説得力を持って構築されなければなりません。我々は、体、首、頭、手足の総量を概説するという事実から始めます。これは柔らかい鉛筆の軽いストロークで行われます。不正確なものが出た場合は、消しゴムで簡単に修正できます。この重要なルールが満たされていない場合、図の個々の部分の比例関係を正しく取ることは非常に重要です。動物を描く方法の問題の解決には対応しません。最初のレイアウト、描画段階では、図形の動きを考慮してマークする必要があります。または彼女のバランス。獣はどこかに動くかどうかにかかわらず、足にしっかり立つことを義務づけられています。
ステージで動物を描く方法
一般に、任意のいくつかの条件動物の例で動物を見るのが最も簡単です。動物相の多様性によって、すべての代表者は同じ規則に従って作られています。引き続く段階では、要素と詳細が整理され、要約されます。私たちは、光と影の形を作り出します。我々は、私たちが重要と考えるものにのみ焦点を当てる。目に見えるものを機械的にコピーしたりコピーしたりしてはいけません。図面は常に選択肢です。図面が最終的に近づくにつれて、我々は画像を一般化し、幅広い掃引のストロークで完全な外観を与える。私たちが描画の一般的なルールに従えば、結果は良いでしょう。最初の試験で動物を描く方法の問題に対する答えを見つけ出したと仮定できます。再び、私たちは絵を見て、私たちの間違いを分析し、将来どのようにそれらを避けるべきかを見積もります。
動物の鉛筆を描く方法

グラフィックスからペイントまで

そして、あなたはどのように描写するかについて考えることができます色のついた動物。他の材料や技術がありますが、その可能性は事実上無尽蔵です。ガッシュ、水彩、オイル、温度、アクリル。彼らはより困難であり、彼らの発展にはより多くの時間と労力が必要です。これらの材料は、鉛筆や紙よりはるかに高価です。しかし、強い描写がなければどんな絵画も不可能です。強いグラフィックスはすべての基礎です。そして、あなたがブラシを取る前に、鉛筆で動物を描く方法を考えることが不可欠です。

  • 評価:



  • コメントを追加