サイト検索

60アカウント。 "サプライヤーとの和解" - 60口座

最も活発な資金フロー組織は、企業との相互訴訟で発生します。売上高のスピード、既存の債務指標、罰則の存在は、企業のソルベンシーを評価する基準となります。これらすべてのポジションは、契約締結前に潜在的なパートナーによって評価されます。

60アカウント

会計に使用される勘定コード表

組織の勘定部門の正しい作業のために、主要な会計および税務会計は、単一の標準勘定科目表を作成しました。使用されたすべての取引は、関連するポジションに反映されます。アプリケーションの効率を高めるために、それらは、宛先に応じてグループに分けられます。企業の対応と対話するためのフォーラム、6とサプライヤーへの支払いを開始します - 60によって、バイヤーと - 62などは、グループが締結し、経済契約に基づく資金の流れを反映して、パッシブとアクティブ - パッシブのアカウントで構成説明しました...

カウンターパーティーとの会計システムが直面する課題

企業の経済活動の分析、その作業の効率性と収益性は、多くの基準によって評価されます。これには、仕入先との決済における財務フローの追跡が含まれます。アカウント60を使用すると、次のタスクを実行するための情報を取得できます。

  • 支払うべき金額の状態を管理する(情報は所有者と信頼性の高い報告の両方に関連しています)。
  • 情報基盤の形成。それに基づいて、回転速度が監視されます。管理レポートの作成に使用されます。
  • 契約上の義務、条件、納品量、納付金の遵守を管理する。
  • 財務資源の配分におけるサプライヤーの支払い計画を作成する。
  • 法律違反の可能性の排除と延滞の監視。

仕入先との和解60口座

口座番号60

60アカウントは企業によって次のように使用されます。組織、法的形式の活動から、選択された会計システムにかかわらず受動的、収支的、受動的です。これは、サプライヤーと請負業者のそれぞれに関する情報を反映するように設計されています。会計開始の基礎は次のとおりです。

  • 棚卸資産、重要な非流動資産、無形資産の供給に関する契約の締結。
  • 様々な性質のサービス(建物、構造物、機械設備の市町村、修理、保守)。
  • 商品の輸送;
  • 契約の仕事のパフォーマンスなど

標準化された勘定科目表アカウント60アカウントは「サプライヤーおよび請負業者への支払い」と呼ばれています。一般合成レコードは、すべての組織のために維持されています。アナリストのためにサブアカウントです。 60による貸借対照表においては、累積形式で反射され、すべてのサプライヤーと契約者の債務の量を示しています。信頼性の高い客観的な情報を得るための分析的会計は、個々の請負業者または契約によって実施されるべきである。

60請求アカウントアカウント

60件の伝票フロー

60口座は、企業の取引相手との和解の動きを形成するために使用されます。その上での移動は、以下の書類を受け取ったために発生します。

  1. 請求書、出荷メモ提供された資料またはサービスの提供または前払金額の支払いのための企業の債務の出現のための書類です。請求書とTTNは、購読簿(VATを受け取った)の形成の正当性です。
    アカウント60
  2. 支払注文または請求、銀行口座明細書は、契約者および仕入先に支払う口座を消滅させるために使用されます。
  3. 出納命令、支払人の出納係組織を通じて、現金による債務の部分的または完全な排除。
  4. 両当事者によって署名された執行された作品の行為は、契約で指定された合計の支払いの基礎として受け入れられます。
  5. 領収書の発注は、前払いの返済の場合には60口座、現金での請求者の金額の返済はレジ係に行います。

物品が書類なしで配達された場合、その事実領収書もレジスタに反映されます。コモディティ送付状60の提示の瞬間に、会計原価と提出された書類上の商品の価値との間の差異について勘定が訂正される。

勘定科目K60での取引

60アカウント

バランス、会計の受動的な60アカウント会計は、取引相手に対する当社の負債の金額を示している。期間の初めと終わりの残高は、通常、ローンに反映されます。個々の仕入先については、契約条件に基づく前払いの場合に残高を借方記入することができます。 60クレジット口座に対応して、口座は以下のようになります:

  • 07、08 - 非流動資産の購入、近代化、資本化、
  • 10、15 - 材料、サプライヤーから受け取った商品。
  • 19 - 輸送文書に反映された付加価値税の額。
  • 20、23、25、26 - 外部機関の作品、主に起因するコストの上昇、二次生産、一般的または間接費;
  • 41 - 購入した商品。
  • 43、44 - 請負業者によるサービスの提供による貿易費用の増加。
  • 50,51,52,55 - 現金または現金の返却供給者からの現金以外の資金(過払い金額、合意された貨物の供給不能による進歩の一部の導入、または品質その他の理由による貨物の提出、請求の解決)。
  • 60 - 事前に前払いした金額の相殺。
  • 66 - 借入契約書を犠牲にして短期借入金(ローン)の一部を取り消す。
  • 76 - 買い手に提示されたクレームの金額。
  • 79 - TMCの支店または子会社に供給された物品に対して支払われる主組織。
  • 91.2 - 通貨を使用した計算における為替レート(マイナス)の相違は、雑費として償却される。

D60の操作

勘定の借方には、特定の取引相手に対する未払勘定の決済に関連する取引が反映されます。次の項目に対応する口座60口座振替

  • 会計転記60
    10、15 - 買い手から受け取った商品の返品。
  • 50 - 発行された請求書の払い戻しまたは既存の債務の現金による現金出納係による返済。
  • 51 - 決済口座または別の口座からの非現金振替。
  • 52 - 通貨の供給者との和解(契約の条件に従って)。
  • 55 - 事実の前にブロックされた手段による支払い(金銭は、あらかじめ、受益証券の銀行の特別信用状に、団体の和解または他の口座から振り替えられ、その額は契約上の義務で規定され、両当事者の署名で封印される)。
  • 60 - 前払いされた前払金が信用された。
  • 66 - 短期ローン・ファンドを犠牲にして、相手方への債務額の取消し。
  • 76 - 第3組織を支持する譲許契約に基づく債務の譲渡。
  • 92 - 債権者の約束の払い戻し以下の例:時間の経過、債権者企業の排除、為替差額、負債の再評価、契約によって提供罰則。
</ p>
  • 評価:



  • コメントを追加