サイト検索

金額と通貨の集計

マネーサプライと金銭的集約 - これらの概念は相互に関連し、相互依存しています。

マネーサプライ 支払いの集まり、購入経済的な関係の整備過程に関与する物理的、法的実体および州自体に属する累積された資金。マネーサプライは、定量的指標に従ってマネーの動きを特徴づける。

お金の重量の下で理解し、現金、および非現金手段。構造上、それはアクティブな部分(経済に役立つ資金)と受動的な部分(潜在的決済手段である銀行口座の蓄積と残高)に分かれています。

お金の量は単純ではなく、現金と一致しません手段。実際、すべての事業体が銀行口座を通じた非現金決済に基づいて取引を行うため、金額の現金支出はあまり大きくありません。

国の発展のレベルは安定性を決定する総資金量における現金の割合。例えば、米国では、この指標は5~10%を超えず、CIS諸国は30%を超えていません。国のお金の総質量に占める現金の量が多いほど、通貨システム自体の柔軟性が低下します。金融システムの正常な機能を確保するためには、マネーサプライと金銭の集約を適切な比率で行う必要があります。

大量の資金の一部として支払いおよび購入手段として直接使用することができないコンポーネント。これらは、時間勘定、預金、貯蓄預金、株式などの資金です。彼らは "準マネー"と呼ばれています(ラテン語から "ほぼ")。マネーの売上高の全体的な構造におけるこの部分は非常に重要かつ重要な部分です。

貨幣の構造とその構成 常に変化します。 商品交換と支払い関係の発展の異なる段階では、それは異なっていました。 20世紀初頭の金の流通では、先進国の貨幣の構造はおよそ40%が金貨、40%が紙幣、10%が様々な種類の信用機関の口座の残高であった。第一次世界大戦の直前に、これらの数字はそれに応じて変わりました:15%、22%、67%。

お金の動きの分析と一定期間のこのプロセスの変化が使用されます マネーサプライと通貨の総計 異なるカテゴリ

通貨の総計は、金額の大部分を構成する金額または金融資産の指標です。

この意味での貨幣供給と貨幣的総計互いに絡み合っています。いわゆる集合体は、後続の各集合体が前の集合体を含む段階的な階層構造を表します。それ以降の各指標には、同時に流動性の低い資産が含まれます。それらは、通貨の総計m 1、m 2、m 3、m 4、そしてm 0のような概念で表現されます。

M0単位 - 流通している現金(硬貨、紙幣、財務省紙幣)。

M1ユニットには、M0ユニットと、現金以外の支払いに使用される当座預金が含まれます。

M2ユニットには、M1および商業銀行の預金、現金または当座預金になる可能性のある短期国債が含まれます。

MoHの単位には、マネーマーケット証券だけでなく、M2およびクレジット機関の普通預金も含まれています。

ユニットM4はM3とクレジット機関の預金を含む。

通貨の計算のためのロシアの通貨総計質量は次の順序で適用されます。これらはM0、M1、M2、およびMHです。ロシアの貨幣供給は、現金の割合が高いことを特徴としており、この傾向は衰退することはありません。通貨システムのより有望な開発のためのロシアの貨幣供給と貨幣集約は、キャッシュレス支払いのより大きな重みの主流に動くべきです。

  • 評価:



  • コメントを追加