サイト検索

海外旅行の際の妊婦保険:登録、種類、レビューの特徴

現在私たちの国ではいつでも必要なサービスを提供する準備ができている膨大な数の保険会社。将来の母親のための保険は独立した活動分野であり、イギリスはそれをしぶしぶとしています。問題の事実は、特に長旅になると、妊娠中の女性は他のカテゴリーの市民よりもはるかに多くのリスクにさらされるということです。実際、どのような緊急事態においても、健康と生命への脅威は女性だけでなく、彼女の生まれていない子供にも生まれています。だからこそ、海外旅行中に妊娠中の女性に保険を提供しているのはごく一部の会社だけです。

保険給付

海外旅行中の妊婦に対する保険
祖国以外での休暇を計画しているときの妊娠中の女性のための保険はかなり多くの利点を提供します。

それは以下の保険プログラムを含みます:

  • 将来の母親のためのLCA。
  • 外国へ旅行するときの妊娠と出産の保険
  • 国際医療保険

保険プログラムの各タイプの利点をより明確に理解するためには、それらについて詳しく説明する必要があります。

自発的健康保険 将来のお母さん

LCAは、我が国で最も人気のある種類の保険プログラムの1つです。

海外旅行中の妊婦のためのこの旅行保険は、以下についての専門家の意見によって判断して、あなたが数えることができます:

  • 無料の医療サービス
  • 診断手順を順番外に通過させる可能性。
  • フリーハウスコール
  • 歯科医への無料訪問。

VHIはヨーロッパのすべての国で働いています、したがって、シェンゲン圏に含まれているため、常に高品質の医療が無料で提供されることが保証されます。

海外に行くときの妊娠や出産の保険

妊娠中の女性のための長期旅行保険
このタイプの保険の登録はに関連付けられていますほとんどの保険会社はそのようなサービスを提供していないので、非常に困難です。さらに、海外旅行中の妊婦に対するこの保険には一定の制限があります。これは、実を結ぶ女性が非常に多くのリスクにさらされているという事実に起因します。レビューで述べられているように、保険の条件は会社によって個々に決定されます、しかし方針は妊娠25週目に期限が切れます。

国際医療保険

MMSは最大規模のサービスを含む、最も質の高い完全な保険プログラムの1つです。

この方針の下で、妊娠中の母親は受け取ることができます:

  • 救急医療
  • どの国でも無料の定期検査、相談、治療
  • 妊娠と出産に関連するすべての費用をカバーします。
  • 産科病院、医者および産科旅団を選択する能力。
  • 分娩開始時の緊急入院、ならびに無料の鎮痛剤。
  • 必要に応じて、出産後の無料入院、および必要な治療

したがって、あなたが妊娠後期にあり、海外に行くことを計画しているならば、海外に旅行するためのこの医療保険は理想的な解決策です。

妊娠中の母親に対する保険で補償されていない費用の項目はどれですか。

妊娠中の海外旅行のための医療保険
彼らのレビューの女性は、妊婦のための保険プログラムのどれもが以下の費用のカテゴリーをカバーしていないという事実にしばしば注意を払う:

  • 中絶。
  • 早産

後者に関しては、保険契約は、母親または子供の健康および生命に対する既存の脅威のために早産が行われた場合には、早産に関連する費用をカバーする。

妊娠方針の有効性に対する制限

定期健康保険プログラム妊娠に関連するすべての費用、すなわち、胎児または母親の健康と生命が脅かされている場合の緊急医療の提供を含む。ただし、このポリシーは妊娠12週目まで有効で、その後キャンセルされます。保険会社は追加のリスクを負うことを望んでいないため、これは契約の中で詳しく説明されています。

海外旅行のための延長保険妊娠中の女性は、妊娠31週までの費用のかなり多くのカテゴリーをカバーします。専門家が言うように、この方針の下での保険金支払いのサイズは、1万から5万ユーロまで変わることがあります。

保険金請求発生時の対応

海外旅行妊娠中の女性のための保険
海外滞在中の場合契約に規定されている保険金請求がある場合は、保険契約に指定されている電話で保険会社の担当者に連絡し、個人データ、保険番号、および現在地の正確な住所をお知らせください。担当者は24時間365日勤務しているため、昼夜を問わずいつでもサポートを受けることができます。妊婦のための海外旅行のための保険は、医療施設での彼の滞在を通してクライアントの完全な監督を含みます。

保険プログラムを選ぶ際に考慮すべき点は何ですか?

どの保険プログラムを選択するかを考えると、妊婦は次の点を考慮する必要があります。

  • 妊娠のどの時期に保険を発行することができますか。
  • 保険金の支払い額
  • 外国での滞在期間がどれだけ有効か

保険会社の評判と信頼性もそれほど重要ではありませんが、上記の側面が重要です。

保険契約の条件

妊娠中の女性の海外旅行保険
妊娠中の女性に対する休暇中の保険国境は、その種類にかかわらず、保険契約者と保険会社との間の契約締結日から12ヶ月間有効です。この場合、書類の署名時に全額支払いが行われます。この方針は、国境を越えて帰国するまでの間に、海外に滞在する全期間に有効です。あなたが海外への定期旅行を計画している場合、あなたは12ヶ月間の一時的な保険契約を締結し、各旅行に保険サービスを利用することができます。

落とし穴についてのいくつかの単語

出発時の各妊娠中の保険証書国境は特定のリスクに対して保険をかけ、特定の費用項目を補償するため、不快な状況にならないようにするためには、保険契約を作成するときに慎重に読むことをお勧めします。どのような場合が保険会社によって認識されているかに特に注意を払うべきです。

ほとんどの保険会社は費用を支払いますこのような必要性が生じた場合、将来の母親の病院への入院、ならびに医師の初診および緊急の診断手順に関連する。同時に、母親や子供の健康と生命への脅威のためにそれらが人為的に刺激されない限り、出産および病院での母親と子供の維持、中絶または早産に関連するすべての費用は補償されません。

どの保険会社を選ぶのが良いですか?

残念ながら、国内市場では、多くはありません会社は、子供を抱えて海外に行こうとしている女性に保険サービスを提供しています。業界の巨人たちは、リスクが大きすぎるため、この分野に関与したくないと考えています。それにもかかわらず、海外旅行中に妊娠中の女性に保険をかけることができる保険会社があります。

リバティ保険

海外に行くときの妊婦のための保険
この分野でのロシアのリーダーの一人保険サービスを提供する。保険会社は消費者に12週間を超えない妊娠期間の将来の母親を保証することを可能にする標準プログラムを提供します。保険料の支払い額は、20、50、10万ユーロです。その有効性がシェンゲン圏のどの国にも適用される2週間の保険は1000ルーブルです。

「同意」

将来の母親を提供する小さな会社妊娠期間が最大24週間の外国での滞在中に自分自身を保証することを可能にする特別なプログラム。この政策は、さまざまな病状の治療と診断、母親の生活に脅威がある場合の中絶、そして妊娠を維持するための措置に関連するすべての費用をカバーしています。保険金の最大支払額は5,000ユーロです。

インゴストラフ

海外で妊娠するための保険Ingosstrakhは、支出の主な項目に加えて、アレルギー反応の治療のための医療サービスと日焼けをカバーしています。支払いサイズは、30、50、または100 000千EURまたはUSDです。

イヒバパ

これはデンマークの大手保険会社です。世界中で様々な保険プログラムを提供しています。 IHI Bupaから海外に旅行するときの妊娠中の女性のための保険は、妊娠期間が36週を超えない妊娠中の母親に緊急医療を提供することに関連するすべての費用をカバーします。

インターネットを介した保険契約の登録

妊娠中の女性のための旅行保険
海外での休暇またはビジネスを計画している場合旅行は、会社のオフィスに行く時間がない、海外に行くとき妊娠中の女性のための保険はオンラインで組み立てることができます。今日、このサービスを提供している国内企業は3社のみです。

  1. 「Liberty」 - 妊娠12週の妊娠中の母親が海外に旅行するときの保険。
  2. Rosgosstrakhは妊娠期間が最大31週間の妊婦のための基本的な保険プログラムです。これには救急医療の費用が含まれます。
  3. 「ヨーロッパの旅行保険」 - 妊娠期間が31週間を超えない妊娠中の母親に保険サービスを提供します。基本的なリスクに加えて、それは早産に関連する費用、ならびに医療の提供および出産病院での新生児の維持をカバーします。

保険契約を作成するには、保険会社の公式Webサイトにアクセスし、特別なオンラインフォームに記入して保険契約の支払いをする必要があります。

海外への出国の際に保険に加入するかどうかは、みんなの事業です。しかし、何かが起こる可能性があるので、リスクを冒さない方が良いです。

  • 評価:



  • コメントを追加