サイト検索

主イエス・キリストに対する悔い改めの教訓 - 贖罪の先生

正統派は嬉しい信仰です。それは偽の悲しみ、深刻な表情などを処方するものではありません。それどころか、悔い改めでさえもうれしいはずです。

悔い改めとは何ですか?それは現代人には全く理解できません。残念ながら、世界や自分の魂の状態に対する表面的な態度が養われており、自己分析は推奨されておらず、罪悪感は破壊的と考えられています。

主イエス・キリストに悔い改めるキヤノン

よく使われる正統派の悔い改め主イエス・キリストへの卑劣な規範。この規範を読むことの主な目的は、自分自身を地球の価値観の本当の意味を思い出させ、世界と時間の過渡性を実現することです。

キヤノンは教会形式の祈りです。 多くの人々は、祈りの中で主なものは内容であり、形は不必要であると考えます。これは部分的に正しいです。確かに、主イエス・キリストや他の祈りへの卑劣な規範が読むことに気を配らなければ、その人は何の恩恵も受けません。祈りは呪文ではありません、それは人の意志の外で行動しません、その主な目的は人が理解できない神とコミュニケーションすることをより簡単にすることです。

キヤノンは主イエス・キリストに悔い改めて

あなたは愛の宣言との類似性を引き出すことができます。 認識において、主なものは内容です。しかし、青年がどの表現をどのように選ぶべきかを知らないならば、彼は奇妙な言葉でその少女を怖がらせる危険があります。彼にとって非常に有用な節です。だから、それは祈りです:内容はフォームよりも重要で、最後のものは助けになるだけです。しかし、誰もが聖なる父親として罪と彼らの魂についての彼らの考えを完全に表現することができますか?主イエス・キリストへの卑劣な規範は、私たちが言葉で漠然とした心の動きをまとめること、自分の人生を細部まで考えること、私たちが今まで気づいていなかった悪を自分自身で見つけることを可能にします。

それぞれの教会形式の祈り - そしていくつか - はあるが - はある一定の規則に従って造られている。例えば、主イエス・キリストに敬意を表しているあらゆるキヤノンとキヤノン 含む、8曲で構成されています。 また、曲の番号は9、しかし2番目の番号は常にスキップされます。それぞれの歌は、歌そのものと、この規範のために定められた控えが散りばめられたいくつかの節から構成されています。陰謀的な規範の中で、「主イエス・キリストよ、わたしに憐れみを抱いてください。

キヤノンは主イエス・キリストに悔い改める

悔い改めは人をほぼ絶えず持つべきですが、特にこの話題に関しては告白の前に働くことが必要です。

私たちの主イエス・キリストへの悔い改めの毎日の規範は、告白の準備をするための素晴らしい実践です。この場合、分詞が必須である前に一度、規範は裁量で読まれます。

主イエス・キリストへの卑劣な規範は書かれていました何世紀も前に、しかし今ではそれはまだ関連性があります。キヤノン全体の思慮深い読書は約20分かかります。キヤノン自体はロシア語と教会スラヴ語の両方で出版されています。あなたはこのように読むことができます、そしてそれは、結果はそれに依存しません。

祈りの働きは最も難しいものの一つです。 大声で、あるいは静かにいくつかの単語を話すことは自分の欲求を満たすことができないように思えます、これは単なる自己提案、時間の浪費です。しかし、たとえそうであっても、規範の中で述べられている考えはどんな思慮深い人にとっても非常に役に立つでしょう。

正統派の規範は一日中いつでも、一人で、あるいは大声で、一群の崇拝者と共に読まれます。

  • 評価:



  • コメントを追加