サイト検索

アースドリル用ネジ:製造

穴あけ用のねじは、柔らかい土壌を掘り下げる必要がある場合。これのためのツールは独立して作ることができます。幹の最大深さは20mです。

デザイン機能

このデザインの部分の1つが際立っています掘削されたスプリットパイプ。埋設時にその長さを増やすことができます。最も重要な要素の1つとして、チューブを自分で回転させることができるハンドルや2人目の助けを借りてハンドルを挙げます。あなたが地球を掘削するためにねじを作ることに決めたら、それをいくつかの方法で作ることができる作業部分を提供することが重要です。かなり厚い金属と溶接装置を準備することが重要です。

オーガー

スパイラル型ドリルの製造

あなたがオーガを自分で作ることに決めたら地球の掘削、それはスパイラルの設計の形でそれを実行することが可能です。基本的には、端部が尖っている金属コアがある。 2つのナイフは、その先端が200ミリメートルだけ基部から取り除かれるように、チップで先端に溶接されるべきである。ナイフの成形作業を行うには、厚さが100〜150ミリメートルのスチールディスクの1/2部分を準備する必要があります。地面を掘削するためのねじを作ることによって、要素がわずかな斜面の下に位置するように鋼棒にナイフを溶接することが重要であり、後者の値は水平面に対して20度でなければならない。

メタルディスクの半分は互いに向かい合う。最後に、固定ナイフ間の角度は40度にする必要があります。このようなドリルの作業要素の下縁は、使用前に十分に鋭利にされなければならない。どの程度ナイフが鋭利になるのか、ツールの土壌への侵入の軽さと速さが左右される。このデバイスを産業モデルと比較すると、最後のバンドが最初に必要な温度まで加熱され始め、スパイラルにねじられた後に注目されることがあります。ターン間の距離はそれらの直径に等しい。鋼が捻られると硬化します。

掘削用オーガー

水の下でドリルを作る機能

あなたが地球を掘削するためにねじを作ることにしたら、このツールの写真は、作業の開始前にも考慮されることをお勧めします。これにより、ツールが持つ建設的な機能を理解することができます。ハンドルを作るには、金属をベースにしたパイプを使うことができます。このブランクの横断面は3センチメートルでなければなりません。そのようなパイプが利用できない場合、木材を使用してハンドルを作ることができる。ドリルは鋼帯で作ることもできます。ストリップの後端部では、ハンドルのための穴を形成する必要があり、一方ループ状の先端は作業端部に固定される。土壌内のドリルの回転の瞬間に、先端は一定量の土壌を吸収し、その後土壌のツールで除去されます。次の段階で、全体の手順が繰り返されます。必要な深さの井戸は、複数のストリップを結合し、構造を回転させることによって得られる。

掘削用オーガー

製造技術

50mmの地面掘削のためのドライバーは、長さ0.5mの鋼帯を使用してください。工具の幅は1cmで、ストリップの端から8cm後退し、穴の形に穴をあけます。後者のサイズは150x2ミリメートルにする必要があります。

穴をあけるためにねじが作られたときマニュアルでは、ドリルの後端を曲げて、ハンドルをレバーの形で取り付けるためのリングが得られるようにする必要があります。作業端では、側面の鋼帯は反対方向に曲がらないで楕円形を形成する必要があります。先端領域では、金属ストリップを切断して点を形成しなければならない。それは鋭くして、側面を反対方向に曲げるべきです。ツールの背面にあるリングにハンドルが挿入され、ネジが回転します。このような設備の助けを借りれば、砂質の土壌だけでなく、砂利の入った壌土でもうまくやることができます。

地面掘削用オーガー50mm

スプーン型オーガの製造

あなたが地球を掘削するためにねじを作ることを決めたらデザインの基礎は楽器のスプーンバージョンです。このデバイスは、金属製の円筒のように見えます。装置上で、螺旋状または縦方向の形状を持つスロットを作る必要があります。装置の作業先端は金属板製の取鍋でなければならない。とりわけ、この部分は、長手方向に切断されたチューブブランクから形成することができる。スクリューを回転させるプロセスは、シリンダー内に位置する先端部およびスリットの助けを借りて土壌を破壊し吸収する。貫通を改善するために、かなりの直径を有する金属ドリルが底部に溶接されるべきである。

地球の写真を掘削するためのオーガー

結論

回転軸と構造全体のドリルの軸は、同時に、刃先のあるシリンダは、装置の軸に対して1.5cmだけずれるべきであり、最終的にシリンダは偏心して移動し、ウェルの壁から土を切断して、スクリュ自体よりも大きな井戸を形成する。

  • 評価:



  • コメントを追加