サイト検索

石鹸と歯磨き粉用の自動ディスペンサー

自動ソープディスペンサーはモダンですほぼすべての家庭で見つけることができる非常に人気のアクセサリーです。それほど前に、そのようなデバイスは消費者に利用可能ではなかった。そのようなアクセサリーは、ホテルや高価なレストランでしか見ることができませんでした。今、石鹸ディスペンサーは全く贅沢ではありません。類似の製品の範囲はかなり大きいことに注意する必要があります。どのように自動石鹸ディスペンサーを選択するには?

自動ディスペンサー

材料への注意

自動バッチャーの生産により石けんや歯磨き粉は通常金属を使用します。より具体的には、この目的のために、アルミニウムまたはステンレス鋼が最も頻繁に使用される。計量式の自動ディスペンサーでさえ、そのような材料で作られている。

一部のメーカーは、耐久性のあるプラスチックとガラスからアクセサリーを作り出しています。しばしば、複数の材料が一度に完全に組み合わされた複合モデルでさえあります。

より高価なディスペンサーは、装飾石、クリスタル、マザーオブパールの天然の単板でできています。これらのモデルはすべてスタイリッシュに装飾されています。この場合、デザイナーの想像力は限界を知りません。

自動ペーストディスペンサー

自動ペーストディスペンサーは歯ブラシの手段を適用することができます革新的なデバイス。これまでは手動で行っていました。それは、常に歯磨き粉のブラシ右の量を置くために動作しません。この製品はプロセスを大幅に簡素化しました。ブラシをディスペンサーに挿入するだけです。それだけです。

そのような付属品も同様に普及しており、液体石鹸ディスペンサーよりも。練り歯磨き用のディスペンサーは様々な素材で作られており、必要に応じて部屋全体のデザインに完全に合ったものを選ぶことができます。あなたがそのようなアクセサリーを購入することを考えているなら、ほとんどのモデルが壁に取り付けられているという事実に備える。

自動石鹸ディスペンサー

ディスペンサーは感覚的です

最も一般的なアクセサリーディスペンサー自動タッチソープ。この製品は非常に便利です。必要な量の石鹸を得るために、特定のボタンをクリックする必要はありません。タッチディスペンサーは自動的に作動し、手を穴に持っていくだけです。その結果、必要量の液体石鹸が供給される。これは、ディスペンサーの設計機能のおかげで行われます。

これらの付属品は完全に非接触であり、ジェスチャーに応答する赤外線センサーが通常装備されています。液体ディスペンサーの一部を発行するようにディスペンサーに命じるのは彼です。穴に手を持っていくだけの人。また、投与量を調整する必要があります。将来、石鹸の量は自動的に割り当てられます。

自動タッチディスペンサーには、通常、静かなポンプが装備されています。したがって、付属品はあまりノイズを生成しません。そのような装置は主電源からのみ動作させてください。

計量式自動ディスペンサー

ウォールアクセサリー

自動ソープディスペンサー、壁にはスタイリッシュに見えます。彼に棚に個人的な場所を割り当てる必要はありません。そのようなアクセサリーは非常に使いやすいことに注意する価値があります。自動ディスペンサーは壁に取り付けられています。付属のトップバルブを装備し、液体石鹸の供給をクリックすると。ボタンは一種のピストンとして機能し、ツールを手のひらで圧迫します。

ウォールディスペンサーのインストール方法は?

必要に応じて、液体石鹸のための自動壁掛け型ディスペンサーを独立して設置することができます。これには、

  1. 電気ドリル。
  2. ドライバーまたはドライバー。
  3. 浴室の壁がセラミックタイルで覆われている場合は、特別なドリルが必要です。
  4. ネジ。
  5. 鉛筆。
  6. ソープディスペンサー。

自動石鹸ディスペンサー

同様のインストールプロセス付属品なら、何も複雑ではありません。始めるには、それに適した場所を選ぶことです。ディスペンサーは床から一定の高さに設置する必要があります。この製品は、大人だけでなく、子供も使用するのに便利でなければなりません。

選択した場所に注意する必要があります。その後、穴を開けてダボを挿入することができます。その後、自動ディスペンサーを壁に取り付け、セルフタッピングネジで固定する必要があります。

ディスペンサー卓上

これらの付属品は、小かわいいflakonchiki。それらの隣には自動ペーストディスペンサーを置くことができます。結局のところ、ディスペンサーはしばしば、歯ブラシ用の容量と固体石けん用の石鹸ボックスを備えたセットで販売されている。このアプローチにより、スタイリッシュで統一されたアンサンブルを作成することができます。このような自動ディスペンサーは壁と変わらないことに留意すべきである。ただし、付属品にはいくつかの利点があります。

  1. 低コストのディスペンサー。たとえば、BXGの製品はかなりスタイリッシュに見えます。コストのかかるアクセサリは予算に起因する可能性があります。
  2. モビリティウォールディスペンサーは別の場所に移動することは困難です。しかし、デスクトップは、必要に応じて、簡単に再配置することができます。さらに、明るいデザインは、あなたが少しバスルームのデザインを復活させることができます。
  3. さらに、通常の石鹸ボックスとは対照的に、自動ディスペンサーは、よりきれいに見えます。

自動ペーストディスペンサー

内蔵アクセサリ

あなたのバスルームがスタイルで作られている場合ミニマリズムのためには、内蔵のディスペンサーに注意を払う必要があります。この場合、見ることができない場所に液体石鹸を入れた容器を取り出すことが可能である。石鹸ディスペンサーをシンクの下に置くことができます。バルブのみが通常持ち込まれます。目立つ場所では、エージェントとクロムボタンを供給するタップのままになります。

もちろん、あなたが望むなら、体重を設定することができます自動ディスペンサーですが、そのようなアクセサリーは全体像の中で目立ち、目を引くでしょう。さらに、これらの製品は日常生活には適していません。

充填とファイリングの方法

自動ディスペンサーは、製品の残りの部分は、外観とインストール方法だけでなく、デザインです。このアクセサリーを選ぶとき、その装飾の方法に興味を持つ人はほとんどいません。しかし、これも重要です。ほとんどの場合、正確にバルクモデルがあります。彼らは、通常、ゲルまたは石鹸のためのストレージとして機能する特殊なフラスコを装備しています。コンテナ内のメディアが終了すると、単に新しいメディアに変更されます。同じ組成の石鹸を購入する必要はありません。

石鹸のための自動石鹸ディスペンサー

カートリッジディスペンサーがあります。 彼らは通常、ツールでフラスコを交換します。このオプションは給油がはるかに簡単です。ただし、一部のモデルでは、ツールを使用してブランドのコンテナを購入する必要があります。つまり、元のメーカーから石鹸を購入する必要があります。カートリッジディスペンサーのコストはバルクアクセサリーのコストよりもはるかに高いことに注意してください。

石鹸の供給に関しては、いくつかの方法で行うこともできる。電子式および機械式のディスペンサーは、液体だけでなくゲル状の充填剤も補充することができる。

変換できる製品がありますすぐに石鹸を泡にする。これらの付属品はTork社からのディスペンサーのモデルを含むべきです。さらに、そのような装置の設計は、それほど魅力的ではない。インクジェット製品のコストが高いのとは対照的に、それは単なるコストです。最新の自動ディスペンサーの大部分は、より独創的なデザイン、および液体フィラーの充填方法と供給方法において、以前のものとは異なります。

  • 評価:



  • コメントを追加