サイト検索

妊娠32週にウジを見せてくれるものは?

妊娠は近づいてきている完了。正常な経過の下で、脅威や病状はなく、妊娠32週目のウジは最後の研究です。これは出生前の検査で、子供の状態、状態、母親と赤ちゃんのための労働の攻撃の可能性のある危険性を明確に把握することができます。結果によると、婦人科医は帝王切開を決定することができます。

多くの母親は骨盤または縦胎児の提示。このような状況の理由は、子宮の構造、胎盤の前庭、多くの子供がいる母親の妊娠、多汗症、水不足などの特徴として役立ちます。妊娠32週目のウジで、子供が正しく配置されていないことが示された場合、まだそれを修正する時期があります。医師は特別な体操や妊娠中の女性をプールで育てるのに役立つ練習を処方します。

しばらくすると、出産に近い、別の研究では、妊娠中のウジの結果が、子どもが転倒していないことを示していて、まだ骨盤の提示がある場合、母親は帝王切開のセクションに割り当てられる可能性が最も高い。子供の体重が3.5kg未満の場合は自己払いが可能です。骨盤の骨が広く、35歳を超えていません。そのような出産は特別なものであり、予定日の数週間前に病院にいる​​女性は様々な研究を受けます。子供が少年の場合、性器の損傷の危険性があるため、独立した出生は危険です。

妊娠32週目にウジを運ぶとき胎盤の早すぎる老化が現れることがあり、これは子供が不十分な量の様々な栄養素を受け取ることを意味する。危険胎盤胎盤機能不全、子宮内発育遅延、胎児低酸素症。

胎児低酸素症またはそうでなければ酸素不足は、妊婦の10%で非常に頻繁に発生します。この診断は、子供の体内の代謝過程の減速につながる、それぞれ、胎児の発育遅延があります。低酸素が無視され、重度の場合、これは不幸な結果につながる可能性があります。 CNS、子宮外の子供の命と、極端な場合には低適応性は、胎児死亡につながることができます。したがって、妊娠32週目のウジの検査は必須です!タイムリーな診断は、治療の迅速な任命に寄与するか、母親が検査のために病院に入院しました。

超音波は胎児の大きさ、その体重を決定します。 これは、骨盤が狭い母親にとって重要な瞬間です。観察している婦人科医は、胎児の体重と母親の骨盤の体重の測定結果を比較します。もし子供が大きすぎる場合、帝王切開について決定することが可能です。

妊娠の発達とタイミングの順守のために赤ちゃんの器官を必ず見てください。特別な注意は簡単です、赤ちゃんは子宮外で独立して呼吸することができます。

妊婦の超音波のプロトコルは通常、多くの異なる理解できない母親の略語と用語を含んでいます。これはそれらのいくつかのトランスクリプトです。

1.心拍数は心拍数を意味します。

排気量 - 胸部容積。

3. BPR - 寺院間の頭の大きさ。

4. LZR - 額から後頭部までの頭のサイズ。

胎盤とその成熟度

- 第一度(27〜34週)

- 第二度(これらは34から39週です)。

- 39週から3番目の学位が、それは37週の期間で現れることができます。

胎盤の不一致は、その早期老化について語っています。

妊娠が正常で超音波が正常でない場合異常を示さなかった、そして赤ちゃんの発達は完全に期限を満たしている、そしてこの手順はもはや必要ない。次回、ママは自分の赤ちゃんをデバイスの白黒モニタではなく、ファミリールームで見ることになります。

  • 評価:



  • コメントを追加