サイト検索

どのようにビーバーの毛皮を決定する?貴重な毛皮を持つカムチャツキー・ビーバー

カムチャツキー・ビーバー(シー・オッター、シー・オターまたはシー・オター)は、カントの家族に属する肉食哺乳動物であり、動物の種は、水晶に近い。

カムチャッカのビーバーの最初の言及

この動物については、中にさえ知られていたベーリング海の南西部へのロシア船員の長期探検後、あるいはむしろコマンダー諸島を訪れた後の18世紀。この動物の毛皮の独特さに関する話は穏やかに飛んできました。その結果、カムチャツカのビーバーの大量絶滅の始まりである悲しい結果がもたらされました。

ビーバーファー

約2世紀後、1911年には、これらの哺乳類を捕獲するために、ロシアをはじめとする他の国々によるクジラが生息する地域のクォータを導入しました。しかし、状況は保存されませんでしたが、射撃は違法にさえ引き続き行われました。何とか海洋生物の個体数を増やし、貴重な毛皮の生産を再開するために、人工的な条件で動物を飼育しようとしました。しかし、飼い主では獣が繁殖したくないという事実のために、彼らは成功しなかった。今日まで、その動物はレッドブックに掲載されているので、ビーバー毛皮は多額の費用がかかる。

毛皮コート
ファーコートの生産におけるファー・カムチャッカ・ビーバーの応用

現在、デザイナーの仕事はすべてビーバー毛皮は非常に高価で希少な材料であるため、毛皮を使用する頻度は少なく、細部の仕上げにのみ使用することを好みます。また、動物愛好家は、天然毛皮の使用を禁止することをますます擁護している。

しかし、ビーバー毛皮からの毛皮コート一番暖かいです。しかし、そのような服は1つのマイナスを持っています:汚染されたとき、それは熱を保つ能力を部分的に失います。ほとんどの場合、ラッコの毛皮は、メンズウェアのデザイナーを使用するだけでなく、貴重な毛皮の愛好家の女性の半分の間でしばしばビーバーからの製品のファンを発見しました。

毛皮の貴重な特性

貴重な毛皮を持つカムチャツキーのビーバーはに属する冷たい水の中に長時間留まることができる看護婦の家族。だから彼の毛皮は非常に厚く、濃くて暖かいです。その主な特徴は、水と冷たい空気を動物の肌にさせないことであり、それは最も重度の霜でさえも凍結させない。動物には皮下脂肪がないので、冬は冬のみ毛皮が保護されます。

したがって、毛皮コートおよびシープスキンコートは、ビーバー毛皮が使用され、いくつかの最も暖かいですが、彼らは湿気や激しい寒さを恐れていません。しかし、これらすべての特性は毛皮の純度の条件下でのみ維持されることが強調されるべきである。ファーコートが汚染されていると、水が容易に浸透します。原則として、これは天然毛皮の毛皮コートに適用されます。

一見すると、衣服の毛皮が足りているとき厚い、製品の大量の印象を与える。しかし、これは真実ではありません。ビーバー毛皮は非常にエレガントに見えますが、触っても非常に柔らかくて心地よいです。そのようなものは耐久性と美しさがあり、その色は銀色から濃い茶色に変わることがあります。

ファービーバーレビュー

ファーカバーの耐摩耗性

霜の抵抗だけではない美徳ビーバーからのコート。その利点のもう一つは耐摩耗性である。我々が毛皮製品の強度の参照指数を参照すると、価値のある毛皮を持つカムチャッカのビーバーは、この標準を超える製品が10倍を超える動物です。

寒さの中で毛皮がどのように挙動するかについてビーバー、消費者からのレビューは最も肯定的です。専門家は、ビーバーの毛皮のコートは最近買収されたように見えるが、それが適切に処理されていると推定している。

毛皮を作るのにどれくらい時間がかかりますか?

現在まで、製造技術先進的なファーで作られた製品。モノクロのコートを作るために、均一な色のスキンの生産を待つ必要はありません。若い人のスキンは主に使用されていることに注意してください。非常に稀ですので、素材を待つと毛皮を作るのに1ヵ月かかります。

貴重な毛皮を持つカムチャッカのビーバー

今、このプロセスを減らすために、触れられていない日焼けの組織を残す、毛を摘むといういわゆる手順を適用して、異なる色の物質である。引き抜かれたビーバーからの毛皮のコートは、軽量で均一な色を有し、高い耐霜性を有する。

偽物に気をつけろ

擬似毛皮の問題は長い間知られており、人工の創造で、そして別のものとして偽装された一つの材料の販売で。ビーバー毛皮は例外ではなく、指導者の一人の代理に代わるものです。したがって、ビーバーの毛皮を決定し、偽物を購入しない方法についての疑問が生じる。

海老の代わりに、売り手はしばしばウサギを売るか、マモット、そしてキツネの代わりにキツネの毛皮(キツネザルとキツネハイブリッド)を与えることができます。実際の海藻からの毛皮のコートだけが1年以上にわたりホステスに、残りは2〜3シーズン連続して提供されます。また、毛皮の栄養素は、消費者の品質にとって悪くない代替品を提供することができるが、カムチャッカのビーバー毛皮よりも安価である。

ビーバーの外観はどうですか?

具体的には、栄養素の力学に関しては、ビーバーとの違い、アンダーコートがなく、熱を保つことができます。触診の方法、すなわち手で感じることによって、ある製品を別の製品と区別することができる。ミンクの毛はむしろ硬いが、例えば、ウサギの毛は非常に柔らかい。マモットでは、毛皮の毛はお互いに大きく異なり、ミンクにはミンクトリム、さらにはコートがあります。

ビーバーの毛皮もチェックされています。 まず最初に、下着に注意を払う必要があります。毛羽立ちの層が必ず必要です。不道徳な売り手の犠牲者にならないためには、毛皮の分野の専門家と相談し、すべてを個人的にチェックする必要があります。

ウサギの毛皮からビーバーの毛皮を区別するためにどのように?

ビーバーがどのように見えるかを知って、確かにそれは製品を選択する際に間違いを起こさない方が簡単です。もちろん、専門家の調査や専門家のアドバイスなしに、あなたが購入した毛皮の種類を最終的に見つけることはできません。製品を購入するには、少なくとも簡単なアイデアが必要です。

あなたは毛皮の毛皮のアクセサリーのみをチェックすることができます触れる。最初にあなたは羊毛に沿ってそれに沿って手を保持する必要があり、ヘアラインは非常に柔らかくなります。あなたが髪の毛の成長に対して手を保持している場合、髪は非常にかすかで堅いでしょう。比較のために:あなたが髪の成長に対してウサギの皮膚を薄くすると、それはまだ柔らかく絹のようになります。ビーバーは、柔らかく、ウサギの中では、順番に、革の布がより緊密です。

ビーバー毛皮を定義する方法

次の基準は、アンダーコートの存在である。それは既に2回以上言及されている。次に、もしあなたがウサギの前に、ビーバーでなければ、皮膚の下層を擦る必要があります。そして最後の要因は、縫製されたスキンの幾何学的形状です。このためには、非常に注意深く、サイトを検討する必要があります。毛皮コートがビーバーから縫い付けられている場合、長方形部分の側面の長さは40〜50cmに達するが、ウサギ製品の場合は最大25〜35cmである。

  • 評価:



  • コメントを追加