サイト検索

移行年齢。それはいかに難しいですか!

ちょうど昨日、子供の誕生を期待して、あなたは考えました彼は将来どのように成長するのか、将来の人生で彼を待っているのか、彼らは可能な限り不可能なことすべてを彼のためにする準備ができていると考えました。子供は生まれて育っていて、昨日の小さな人はアドバイスが必要ないという自分の意見があると宣言しています。時には親は何が起こっているのか、子孫を助ける方法を理解できません。しかし、実際には、子供がもはや「人形」ではなく、「蝶」ではない時が来ています。これは過渡期です。

はい、時間が飛びます。 子供は大人になり、この世に向かう途中でまだ準備が整っていないものを見つけなければならないが、彼はまだ大人のゲーム条件を受け入れなければならない。どんなに難しいことでも、親はこの困難な瞬間に子孫の主任アシスタントと支援を受けるべきです。

移行年齢
子供たちが過渡期に入ると、彼らは物理的に変化するだけでなく、世界の意識と知覚の変化があります。生物が成長し、思春期の過程が起こり、精神が変化する。すべての変化がかなり早く起こるという事実から、神経系は過負荷に曝され、子供は過敏になり、しばしば攻撃的になる。移行期には、絶対にすべての生理学的変化の誓約として特定のホルモンを生成する迅速なプロセスがあります。

男の子の過渡期は1〜2歳年は女の子よりも遅く始まり、4歳から5歳まで続き、はるかに活発です。既に12〜13年で、それらの違いが目立つようになります。少年の過渡期は少年よりも2年後に起こり、より静かに進み、より早く終了する。

男の子

すでに思春期の始めに性別に固有の性格を示すようになります。男女ともに過渡期には明確な境界はありませんが、心理学者や医師は、10年から17年の過渡期を、期間の増減に合わせて調整します。移行期は3段階に分けることができます。

最初の段階(若い青年期)は精神と同じように体が次の変化に備えている時期。第2段階(思春期)は移行期そのものです。生理学的および心理的構築が完了した第三の期間(青年期) - 思春期後。すべてのプロセスが終了し、過渡期が終わると性行為が現れ、異性の関心が高まる。

少女の過渡期
外部の変化に加え、行動や行動の変化文字。子供は親しみやすく、無礼で、疑わしくて宗教的になり、何らかの理由でしばしば主張する。ティーンエイジャーの体のホルモンサージは感情的な不安定さを引き起こし、心理的な問題は身体の状態に影響を与える可能性があります。

子供が成熟する時代、彼だけで変化する現実をナビゲートすることは容易ではありません。両親の主な任務は、子供と家族の両方にとって最も損失の少ない難しさを子孫から生き残る助けとなります。

  • 評価:



  • コメントを追加