サイト検索

作業時間の要約:概念といくつかの特徴。

誰もが知っている仕事の種類があるロシアの労働法では労働時間の合計を規定しているため、1ヶ月間に標準の8時間の労働日を設定するのは問題があります。その特質は、従業員が、例えば、その日の間、そして仕事に行かないように次の2日間で、職場に留まることができるという事実にある。彼は週40時間以上働くことができます。同時に、1ヶ月間の総労働時間数は、1ヶ月から1年(但し1年以内)の特定の会計期間ごとに定められた労働時間を超えてはならない。従業員を雇って2シフトを連続して行うことも禁じられています。この場合の週末は、非就業日としてこのカテゴリーの労働者の仕事のスケジュールに示された日であり、従来の意味での休暇は、逆に労働者である可能性がある。

作業スケジュールの変更を導入すると決めた雇用者は、処理の可能性があるため法律に違反するリスクを負っています。したがって、人事要員は、労働時間の要約を推奨します。

労働時間の要約を組織内に導入された - 自身の(内部)勤務スケジュールのルール。これは、頭の順序に基づいて行われますが、そのような決定は会社の代表機関と合意しなければなりません。内部規則が当初は勤務時間の集計会計を提供していないが、一定期間後に導入する必要がある場合には、上記の規則を変更することが可能である。

ロシア連邦の法律連盟は時間の作業の必須まとめアカウントを提供 - 作業活動が居住の恒久的な場所、従業員から離れて行われる回転スケジュールを、そして従業員は毎日帰宅することはできません。

タイムシートのメンテナンスには特に注意深いアプローチとケアが必要です。なぜなら、チーム(単位)の異なる参加者には、作業の期間が異なることがあり、適切な労働の支払いのために各従業員が働いた時間を正確に考慮する必要があるからです。

タイムシートの記入規則会計期間については従業員と合意した移行のスケジュールに焦点を当てる必要があると述べている。給与は従業員に固定されており、報告月のシフトスケジュールで想定されているすべてのシフトを遂行していれば、彼は全額の給与となる。一ヶ月以内に従業員が正常よりも少なく働いた場合、彼の給与は正常に働くシェアに比例するはずです。したがって、毎月の給与額は変動する可能性があります。ロシア連邦の法律に従って、タイムシートを記入する担当者は、実際に働いた時間であり、標準ではない。このルールは、レポートカードコードに忠実で、文字記号を導入する必要があります。

タイムシートを記入するとき、組織が労働時間の記録をまとめて、あなたは簡単なルールに従う必要があります。まず、職場での外観とそこからの逸脱は、組織全体またはその構造単位に記録する必要があります。タイムシートに新しい従業員を追加することは、入会命令、雇用契約または契約に基づいて実行されます。第3に、各従業員には一意の従業員番号が割り当てられます。これは、従業員が別のポジションに移動した場合にその従業員用に予約されています。解雇の場合、解雇された従業員の従業員番号は2年間他の従業員に与えられません。

  • 評価:



  • コメントを追加